MIHARAYASUHIRO

NEHANNE MIHARA YASUHIRO 2018 S/S



Nehanne MIHARA YASUHIROは、日本人である私たち自身が、日本の歴史、 日本の伝統を学び、再認識することを大切にしたいという考えのもと誕生しました。
縄文時代より日本人の生活に馴染み深い「大麻布」を取り入れ、古代ファブリックと 現代ストリートカルチャーの融合を試みた、新しいスタイルを提案します。
ブランド名のNehanneとは、涅槃から名付けられました。


[COLLECTION CONCEPT]

Nehanne MIHARA YASUHIRO 2018SS MENS COLLECTION

「品」と「貧」

日本人である私たち自身が、日本の歴史、日本の伝統を学び、再認識することを大切にしたいという考えのもとに誕生した
2シーズン目となる2018年春夏コレクションは、古来からの作業着である「ボロ」や「作務衣」、「羽織」など、日本人の“粋”な着こなしを表現できるウエアをデザインソースとしています。
使い込まれた作業着に、“粋”という日本人らしい和のスピリットを吹き込むことで、品のあるスタイルへと昇華していく姿を表現しています。

[染め]
の特徴のひとつである染めは、徳島で最高級の阿波藍を栽培から染めまで行っている藍師BUAISOUによる本藍、黒をより黒く染める「深黒(しんくろ)」技術を持つ老舗の染師、京都紋付の真黒を用いています。


[TEXSTYLE-mayotae]
ファーストシーズンから引き続き、メインテキスタイルとして古来の大麻布「麻世妙」を使用。パッチワーク風(=ボロ)のジャケットやパンツ、レイヤードやアシンメトリー(=羽織、作務衣)のブルゾンやロングシャツなどを提案しています。


LOOK

VISUAL

MOVIE